包丁

出刃包丁の種類と気になる選び方

出刃包丁も他の包丁のように種類があり、種類によって特徴と使いやすさが異なります。そのため、出刃包丁を選ぶ際は種類も考慮することによって使い勝手が異なります。出刃包丁の種類の1つとなる本出刃包丁は、出刃包丁の中でスタンダードな包丁になります。本出刃包丁は重くて頑丈なので強度が高い包丁であり、片刃で刃が非常に分厚いので切れ味が良いのが特徴になります。
その代わり、刃が分厚いため包丁自体が重いです。なので、本出刃包丁を使うのなら、刃渡り15センチ程度までの本出刃包丁が扱いやすいとされます。また、本出刃包丁の刃が重いので魚の頭を落としたりぶつ切りにするのは簡単です。けれども、家庭用の包丁として本出刃包丁を使う場合には、重すぎると使いにくくなります。
なので、家庭で大型の魚を捌かないのであれば、無理に本出刃包丁を選ぶ必要はないとされます。とはいえ、包丁を扱い慣れている上に重い包丁でも使いこなせる人であれば、家庭用の包丁として扱うことは可能となっています。なぜなら、力に自信があれば魚の頭を落としてぶつ切りにするという調理をこなしやすくなるからです。出刃包丁の種類の1つとなる本出刃包丁は、本出刃包丁の刃が重い影響により重すぎるのを選ぶと、使い勝手が悪くなります。

出刃包丁で料理の幅を広げる

出刃包丁は日本ではなじみの深い、和包丁の種類の一つです。和包丁は日本人の技術とこだわりの詰まった包丁と言えるでしょう。出刃包丁の特徴として「片刃」であり、魚を捌くのに適した形状であるということが挙げられます。大きな魚の固い骨でも切れるように刃が厚く重くなっており頑丈です。片刃であることで刃に角度がつき魚の身を切り離しやすくなっています。
材質は大きく分けて2種類あり、ハガネとステンになります。ハガネは切れ味が良いのが魅力です。サビに気をつけて使用後はきれいに洗って水けを拭きとった後、熱湯消毒で殺菌し、新聞紙に包んで保管すると良いでしょう。ステンはメンテナンスが楽で、サビにくいので洗い終わったら風通しの良いところに置いておくとよいでしょう。では、出刃包丁の購入を検討している場合、どのようなものを選ぶのが良いでしょう。
大きな魚を捌くことが多い場合は本出刃包丁がよいでしょう。固い頭部分を切るときや、骨ごとぶつ切りにするにも便利です。次に三枚おろしや刺身を切るなど日常的に使いたい場合は中出刃包丁が適しています。本出刃包丁に比べて刃が薄く軽いので使いやすいでしょう。そして、小さい魚を捌くことが多いのであれば小出刃包丁か鯵切り包丁がお勧めです。1本あると便利な出刃包丁、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

出刃包丁の研ぎ方

釣った魚を家に持ち帰って自分で捌く方にとって、出刃包丁は必需品ですよね。その出刃包丁の研ぎ方や研ぐコツを見ていきたいと思います。まず最初に研ぐときは、砥石という刃物専用の道具を用意します。こも砥石は粒度が高ければ高いほど、切れ味がよく滑らかな刃に仕上げることが可能なのです。ですので、お好みの砥石を選びましょう。次に出刃包丁の研ぎ方ですが、魚を捌く際にとても重要な、しのぎと呼ばれる傾いた角度が付いた切刃の先端部分があります。
そのしのぎを砥石で順番に研いでいき、切れ味を良くします。定期的に手入れをすれば何年も切れ味をキープすることができますね。出刃包丁を研ぐ前に、砥石を水中に入れて30分程度たっぷりと水分を含ませておきましょう。そうすることで刃を痛めにくくなります。そうしましたら、次は出刃包丁のしのぎの部分から刃先の部分にかけて砥石を合わせます。
ぴったり合わせたら、上下に真っ直ぐと数十回か動かして研いでいきます。このような作業をしていると、砥石から砥汁が出ます。この砥汁が研磨剤として機能し、出刃包丁が摩擦で研がれることにより切れ味が良い刃に仕上げることができるのです。定期的に研いであげることにより、簡単に出刃包丁の切れ味をキープすることができますね。

  • 3本の包丁

    中出刃包丁について

    出刃包丁の種類の1つてある中出刃包丁は、本出刃包丁よりも刃が薄く作られています。その影響により、中出刃包丁の刃は本出刃包丁より軽いです…

    Readmore

  • 魚

    出刃包丁を初めて購入するときのサイズ

    一般家庭で初めて出刃包丁を購入するとき、どの大きさのものを買えば良いか、悩みのたねとなります。そこで、ネットショップではどんな大きさの…

    Readmore

  • 砥石

    料理に目覚めた人と出刃包丁の出番

    調理師が手掛けるレシピに近づけるならば、出刃包丁からこだわる条件が必要です。とにかく高品質かつ切れ味が最高の内容を優先させれば、料理の…

    Readmore

  • オレンジと包丁

    意外と知られていない出刃包丁

    出刃包丁の名前は知っていても実際どの包丁を指しているかよくわからない方もいると思います。日本の包丁である和包丁は種類を細分化してしまう…

    Readmore

メニュー

おすすめ関連リンク