包丁

意外と知られていない出刃包丁

オレンジと包丁

出刃包丁の名前は知っていても実際どの包丁を指しているかよくわからない方もいると思います。日本の包丁である和包丁は種類を細分化してしまうと実に100種類以上になると言われています。出刃包丁の形状としては、分厚く重くて丈夫で刃は鋭くとがり切っ先には刃がそっておりとても良く切れそうな特徴を持っているのが出刃包丁です。なぜこのような形状をしているかというと、魚を捌くためであり効率よく捌くためにこのような形になった包丁です。
ですが、現代ではその切れ味と丈夫さから肉を切る用途にも使用されています。出刃包丁の中でも片刃と両刃のものがあります。片刃は、刃が片面のみで食材に対して切れ味が良く、両方に刃がついているので食材に当たる角度が2倍で扱いやすいが、切れ味が片面に劣るという特徴があります。
切れ味が良いといってもメンテナンスは必須です。良い包丁であっても手入れは必須です。家庭では1か月に最低1回は砥石を使うことをおすすめします。良い包丁であれば手入れを怠らなければ長い間その切れ味を保ってくれます。その切れ味と使いやすい出刃包丁。家庭でも大いに役に立ちますので、1本良い包丁を持っておくとよいかもしれません。

  • 3本の包丁

    中出刃包丁について

    出刃包丁の種類の1つてある中出刃包丁は、本出刃包丁よりも刃が薄く作られています。その影響により、中出刃包丁の刃は本出刃包丁より軽いです…

    Readmore

  • 魚

    出刃包丁を初めて購入するときのサイズ

    一般家庭で初めて出刃包丁を購入するとき、どの大きさのものを買えば良いか、悩みのたねとなります。そこで、ネットショップではどんな大きさの…

    Readmore

  • 砥石

    料理に目覚めた人と出刃包丁の出番

    調理師が手掛けるレシピに近づけるならば、出刃包丁からこだわる条件が必要です。とにかく高品質かつ切れ味が最高の内容を優先させれば、料理の…

    Readmore

  • オレンジと包丁

    意外と知られていない出刃包丁

    出刃包丁の名前は知っていても実際どの包丁を指しているかよくわからない方もいると思います。日本の包丁である和包丁は種類を細分化してしまう…

    Readmore

メニュー